logo

YouTube日本展開に著作権の壁、どうするGoogle?

2007年8月6日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeが日本でもパートナー契約を推し進めていますが、前途は多難のようです。ミクシィや吉本興業など6社と協力体制を築く一方で、著作権関係権利者団体との協議は物別れに終わっています。YouTubeにアップロードされている違法コンテンツに対して「フィンガープリント」による技術的解決を図るGoogleですが、権利者団体からは日本発のコンテンツを「まずは一度、リセットせよ」との強攻策が提示されました。さて、Googleはどのように対応するのでしょうか。そして両者の主張に落としどころはあるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 江島健太郎
    江島健太郎さん (エンジニア、アントレプレナー)
    リセットする対象という日本発のコンテンツとやらを、あの膨大な空間からどうやって収拾してくるつもりなんでしょうか。そもそも、そんな判別技術があるんだったら最初からこんな事態にはなってないわけですから。

    まさか、人力?あるいは、疑わしきは無差別削除?実現可能性を考慮に入れない寝言は寝てるときに言ってもらいたいもんです。交渉はロジカルにやらないと時間の無駄ですよ。
    2007-08-03 14:35:36
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集