三井住友の「Olive」にクレカ集約機能--最大5枚の「Visaカード」を追加、世界初

 三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)と、傘下の三井住友銀行、三井住友カードは5月28日、個人向け総合金融サービス「Olive」(オリーブ)に「支払いモード追加サービス」を開始すると発表した。

 Visaが開発した複数の支払い方法を1つのクレカに集約できる機能を世界ではじめて活用し、「Oliveフレキシブルペイ」に、ほかのクレジットカードを追加できる。最大5枚のクレカを集約できるという。

キャプション

 Oliveフレキシブルペイは、キャッシュカード機能に加え、口座から即時引落しの「デビットモード」、 後払いの「クレジットモード」、 各種サービスで貯まった「Vポイント」で支払う「ポイント払いモード」を1枚のカードに集約した一体型カード。「三井住友銀行アプリ」内からシーンに合わせ、支払いモードを切り替えて使うことが可能だ。

Oliveフレキシブルペイの主な3つの特徴 Oliveフレキシブルペイの主な3つの特徴
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回追加した支払いモード追加サービスは、Oliveフレキシブルペイ以外の本人名義の追加対象カードを5枚まで追加でき、クレジットカードを複数枚持ち歩く必要がなくなる。サービスの利用料は無料で、Vpassおまとめログインサービスに登録している「Visaカード」が対象としている。

「支払いモード追加サービス」の概要 「支払いモード追加サービス」の概要
※クリックすると拡大画像が見られます
プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]