折りたたみスマホ、2024年のトレンド予想--「Galaxy」「Pixel」の次の一手

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年04月08日 07時30分

 2023年は折りたたみスマートフォン業界にとって節目の年となった。新たに参入したGoogleとOnePlusは自社初の折り曲げられるスマートフォンを発売。Motorolaとサムスンはフリップフォンを強化し、外部ディスプレイを大型化することで利便性を高めた。Motorolaが発売した2023年版の「razr」は、折りたたみスマートフォンは高すぎて手が出ないというイメージを覆すべく、700ドル(約10万6000円)という控えめな価格となっている。

Motorolaのrazrとrazr+を並べて置いた様子
Motorolaのrazr(左)とrazr+
提供:John Kim/CNET

 2023年の折りたたみスマートフォン市場は、出荷台数の数字自体はIDCの予想を下回ったものの、予想外のにぎわいを見せた。2023年と比べると、2024年は静かな年となりそうだ。サムスンからは順当に「Galaxy Z Flip」と「Galaxy Z Fold」の新バージョンが出るだろう。Googleから第2世代の「Pixel Fold」が登場するといううわさもある。しかし、これらの新作はデザインや性能など、主要な点を想定可能な範囲で強化したもので、折りたたみスマートフォンの可能性を飛躍的に高めるような大規模なアップデートにはならないとみられている。

 これは必ずしも悪い話ではない。2023年に大きな進化を遂げたフリップフォンは、2024年は過去の成果に磨きをかける時期に入るだろう。しかし、筆者がサムスンなどの企業に期待しているのは、現在の折りたたみスマートフォンが直面している2つの大きな課題、すなわち「価格の高さ」と「魅力的なソフトウェアの不足」を解決することだ。

2024年に登場が見込まれる折りたたみスマートフォン

GoogleのPixel Fold
GoogleのPixel Fold
提供:James Martin/CNET

 2024年は、すでに栄耀(Honor)、Vivo、ZTEの「Nubia」といったブランドから新型折りたたみスマートフォンが発売されたが、サムスンやGoogle、Motorolaは例年、1年の後半に新機種を発表する。具体的な中身は各社の正式発表を待つ必要があるが、うわさやリーク、過去の製品発表をもとに現時点で推測できる情報をまとめた(製品名は仮)。

  • サムスン Galaxy Z Fold6:Galaxy Z Foldは、本のように左右に開くブック型の折りたたみスマートフォンだ。次世代モデルはプロセッサーを刷新し、カメラ機能を強化することで、「Galaxy S24」シリーズのスペックに近づくと予想されている。サムスンの特許文書をもとに、Galaxy Z Fold6にもSペン収納スロットが搭載されるという見方も強まっている。しかし、もっと興味をそそられるのはGalaxy Z Foldの廉価版が出るといううわさだろう。この情報は韓国のニュースサイトThe Elecが報じた。
  • サムスン Galaxy Z Flip6:Galaxy Z Flipは、フリップ型の縦折り式スマートフォンだ。サムスンはフリップ型の新機種にも新たなプロセッサーを搭載する可能性が高い。ブログ「Galaxy Club」によれば、Galaxy Z Flip6ではカメラが大幅に強化され、メインカメラの解像度が1200万画素から5000万画素に引き上げられるという。バッテリー容量もやや増える見込みだ。
  • Google Pixel Fold2:Pixel Foldの第2世代は大画面になるかもしれない。Display Supply Chain Consultantsの最高経営責任者(CEO)、Ross Young氏の予測では、内側ディスプレイが8.02インチになるという(現在販売されている初代Pixel Foldは7.6インチ)。カバーディスプレイも若干大きくなるとみられ、Young氏の予測では6.29インチの外側ディスプレイが搭載される。なお、プロセッサーにはGoogleの次世代「Tensor」チップが搭載されることになりそうだ。
  • Motorola razr+(2024年版):ブログ「MSPowerUser」に掲載されたリーク画像によると、次世代のrazr+はグレーで、Verizonから発売されるという。記事によると、発売時期は2024年上半期となりそうだ。現在のrazr+は2023年6月に発売された。
  • OnePlus Open2:「OnePlus Open」の次世代機に関するリーク情報はまだない。しかし、OnePlusが折りたたみスマートフォンを定番の製品ラインアップに加えるつもりなら、第2世代の発表は10月以降となるだろう。米CNETのEli Blumenthal記者はOnePlus Openの洗練されたデザインを高く評価した。次の機種ではカメラ性能とソフトウェアの強化を期待したい。

2024年の折りたたみスマートフォンのトレンド予想

Galaxy Z Fold 5
サムスンのGalaxy Z Fold5
提供:Rich Peterson/CNET

 2024年に登場する折りたたみスマートフォンの中身は、実際に発売されるまで分からない。しかしリーク情報やスマートフォン業界全体のトレンドから推測すると、価格の引き下げ、デザインの改善、ハードウェアの強化が優先課題となりそうだ。2024年の折りたたみスマートフォンは、折りたたみ式ではない、通常のハイエンド機種のスペックに近づくだろう。

 各社が折りたたみスマートフォンの価格を抑えようとしていることを示す証拠はすでにある。例えば、ZTEがモバイル見本市「Mobile World Congress(MWC)」で発表したフリップフォン「Nubia Flip 5G」の価格は600ドル(約9万円)だった。これは「Galaxy S24」や「iPhone 15」よりも安い。サムスンがGalaxy Z Foldの廉価版を開発しているというThe Elecの記事も、この流れと一致している。

 2024年の折りたたみスマートフォンには、ソフトウェアベースの興味深い新機能が搭載されるかもしれない。サムスンとGoogleは人工知能(AI)をスマートフォンのソフトウェアに積極的に取り入れてきた。その成果がサムスンの「Galaxy AI」機能であり、Googleの「ベストテイク」、「編集マジック」といった写真編集ツールだ。

 折りたたみスマートフォンのソフトウェアを開発する企業には、もっと大胆に、創造的になってほしい。折りたたみスマートフォンの大きな魅力は、ポケットサイズのディスプレイが2つあり、かつ別々の用途に使えることだ。この2つのディスプレイの性能を高め、サイズや用途に合わせてインターフェースを最適化できるようになったらどうなるだろう。

 サムスンのGalaxy Z Flip5とMotorolaのrazr+は好調な滑り出しを見せている。どちらの端末も、カバーディスプレイにウィジェットなどを並べ、情報を一目で把握できるようになっているが、これはスマートウォッチの設計に近い。AIが大きな盛り上がりを見せる今、各社には次の斬新な一手を期待したい。

 サムスンのモバイルエクスペリエンス事業部で、エグゼクティブバイスプレジデント兼研究開発局の責任者を務めるWon-Joon Choi氏は、Galaxy AIのソフトウェア機能をデバイスに合わせてカスタマイズする可能性を示唆していた。

 同氏は1月のインタビューで、「(Galaxy AIを折りたたみスマートフォンでも)使えるようにするだけでなく、折りたためるという特徴に合わせて体験を最適化したい」と語った。「ただコピー&ペーストするのではなく、折りたたみ式ならではの体験の提供を目指す」

 先日、サムスンはソフトウェアアップデートを実施し、Galaxy AIの現在の機能をGalaxy Z Flip5とGalaxy Z Fold5でも使えるようにした。

2024年には実現しそうにないこと

Motorolaの巻き取り式スマートフォンのコンセプト Motorolaの巻き取り式スマートフォンのコンセプト
提供:David Lumb / CNET

 折りたたみ可能なiPhoneや、ディスプレイを巻き取れる未来的なデバイスの登場を待ち望んでいるなら、どちらもすぐには実現しないだろう。

 Appleは、新しい技術にすぐに飛びつかないことで有名だ。大画面スマートフォンも、スマートウォッチも、仮想現実(VR)ヘッドセットも、一番乗りではなかった。Appleが折りたたみ式iPhoneの発売を計画しているとしても、折りたたみスマートフォンに対する需要がもっと高まるまでは発売されない可能性が高い。TrendForceの調査では、2023年のスマートフォンの世界出荷台数のうち、折りたたみスマートフォンは約1.4%を占めるにすぎなかった。しかし、Counterpoint ResearchのTom Kang氏がブログ記事で指摘しているように、高級スマートフォンを買う層をターゲットにしている企業にとっては、折りたたみスマートフォンは重要な意味を持つ可能性がある。Appleは、その1つだ。

 Appleがデザインを重視する企業であることを考えると、折り目の問題が解決されるまで、Appleが折りたたみスマートフォンへの進出を見送ったとしても不思議ではない。ここ数年で折りたたみスマートフォンのデザインは改善されたが、フリップ型でもブック型でも、中央の折り目は依然として目にとまる。

 BloombergのMark Gurman記者によれば、Appleは折りたたみ式ディスプレイのプロトタイプを開発しているが、あくまでもテスト用だという。この2021年の記事は、Appleがこの種のディスプレイを正式に採用しようとしていることを示す情報はまだないと指摘している。

 一方、Motorolaとサムスンはすでに折りたたみ端末の新たな可能性に目を向けており、すでに巻き取ったり、スライドさせたりすることでディスプレイのサイズを変えられる魅力的なコンセプト機を発表している。しかし、これらの端末はコンセプトの域を出ておらず、現在のプロトタイプがいつ正式な製品に搭載されるかは分からない。

 しかしMotorolaのプロダクトイノベーション担当ゼネラルマネージャーのJeff Snow氏は、こうした新しいデザインが将来、スマートフォンの利便性を高める可能性があると指摘する。

 「いずれ、7インチのガラス板をポケットに入れて持ち歩いていたなんて信じられない、と思う日が来るだろう」と、Snow氏は2023年のインタビューで語った。「このようなデバイスは、ほとんどの人のモバイル生活には適さないものとなりつつある」

 2024年、折りたたみスマートフォンは小さいながらも重要な進化を遂げるだろう。2024年の夏から秋にかけて、各社から新製品が発表されれば、さらに多くのことが分かるはずだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]