SkyDrive、米チャーター機運航会社からeVTOLのプレ受注--ジョージア州オーガスタで使用

 垂直離着陸可能な電動マルチコプター(eVTOL)の開発・製造を手がけるSkyDriveは、米国のジョージア州オーガスタを拠点とするプライベートチャーター機運航会社のBravo Airから、eVTOL最大5機のプレオーダーを受けた。

(左から)SkyDrive最高開発責任者のArnaud Coville氏、Bravo Air運航担当副社長のDann Standard氏(出典:SkyDrive)
(左から)SkyDrive最高開発責任者のArnaud Coville氏、Bravo Air運航担当副社長のDann Standard氏(出典:SkyDrive)

 SkyDriveは、現地のオーガスタ・リージョナル空港と近郊目的地を結ぶ「エアタクシーネットワーク」を確立する計画。そして、通勤客や旅行者を対象とするモビリティのユースケースを共同開発していく。

 Bravo Airとの提携は、SkyDriveが2023年1月に開設したサウスカロライナ州の拠点を通じて実現したものという。SkyDriveのeVTOLの製造は、自動車メーカーのスズキが協力している。

SkyDriveのeVTOL「SKYDRIVE(SD-05型)」(出典:SkyDrive)
SkyDriveのeVTOL「SKYDRIVE(SD-05型)」(出典:SkyDrive)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]