「Files by Google」、文書を簡単にスキャンできる新機能を追加

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2024年03月08日 11時56分

 文書のスキャン・整理アプリは目新しいものではない。しかし、サードパーティー製アプリを使う煩わしさがあるほか、スキャンされた文書の保存先を把握するのが厄介なことがある。

 Googleはファイル管理アプリ「Files by Google」に、文書をスキャンできる新機能を追加した。同アプリは多くの「Android」デバイスに組み込まれており、ファイルの保存、閲覧、転送などができる。

提供:Artie Beaty/ZDNET
提供:Artie Beaty/ZDNET

 最新版アプリに導入されたボタンにより、文書、免許証、パスポート、写真など、画像のスキャンが容易にできるようになった。

 この機能は当初、「Pixel」デバイス向けと思われていたが、さまざまなスマートフォンで提供されているようだ。ただし、同アプリは「iOS」デバイスには対応していない。

 文書スキャン機能の使い方は簡単だ。右下にある「スキャン」ボタンをタップすると、スマートフォンのカメラが起動し、文書を中央に配置するためのフレームが表示され、自動的にスキャンが始まる。手動でスキャンすることも可能だ。続けて複数のページをスキャンすることもできる。

 スキャンした画像は切り抜きや回転ができるほか、指紋やシミなどの汚れを除去できる。さらに色やグレースケール、影などのフィルターを適用できる。

 保存した画像は、「ドキュメント」カテゴリの「Scanned」にPDFファイルとして保存される。

 同様の機能は「Googleドライブ」アプリでも提供されている。

 Googleは2023年12月にも、ファイルや写真を容易に見つけられるようにする「スマート検索」機能をFiles by Googleに追加していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]