JAL、家庭から出る廃食油をSAF原料に活用--横浜市で試験的な回収を開始

 日本航空(JAL)は、家庭から出た廃食油を持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel:SAF)の原料として活用する取り組みを、横浜市と連携して開始する。

家庭から出る使用済みの食用油をSAFに(出典:JAL)
家庭から出る使用済みの食用油をSAFに(出典:JAL)

 JALは、脱炭素社会の実現を目指すプロジェクト「FRY to FLY Project」に参加し、家庭から出る使用済みの食用油をSAF製造に利用する考え。横浜市とともに廃食油回収の仕組みを構築するため、「イオンフードスタイル鴨居店」(横浜市緑区)に回収ボックスを設けて回収試験を始める。

廃食油回収の仕組みを構築する(出典:JAL)
廃食油回収の仕組みを構築する(出典:JAL)

 協力家庭から出る廃食油は、専用ボトルで回収場所まで持ってきてもらい、店舗の回収ボックスに入れる。空になったボトルは、持ち帰って再利用できる。

ボトルに入れて持ってきた油を回収ボックスに入れてもらう(出典:JAL)
ボトルに入れて持ってきた油を回収ボックスに入れてもらう(出典:JAL)

 回収ボックスに一定量の油が溜まった段階で業者が回収し、SAFなどの製造工場に搬入する。ただし、回収した廃食油をSAF製造に使うのは2025年以降の予定なので、それまでバイオディーゼルなどの原料として利用する。

 イオンフードスタイル鴨居店での回収予定日は以下のとおり。

  • 3月16日(土)、17日(日):回収トライアル1回目
  • 4月20日(土)、21日(日):回収トライアル2回目
  • 5月13日(月)~19日(日):回収トライアル3回目
  • 6月5日(水)より:本格回収

 JALは、この回収の取り組みを横浜市内全域、そして全国の他地域へ展開する計画。JALグループは、全燃料搭載量のうち、2025年度に1%、2030年度に10%をSAFに置き換える、という目標を立てている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]