SNSの新潮流、スマホ各社の「経済圏」囲い込みなど--週間人気記事をナナメ読み(12月29日~1月4日)

 CNET Japanで1週間(2023年12月29~2024年1月4日)に掲載された記事の中から、特に人気を集めた上位5本の記事をご紹介する。どんな記事が読者の関心を集めたのだろうか。

1位:さようならTwitter!--歴史を振り返ると見えてくる、2024年“SNSの新潮流”


 Twitterは現在、SNSサービスとして「X」という名前に変更されつつも継続している。しかし2006年の誕生以来、Twitterを独特な存在にしていた何かが決定的に失われてしまい、今は次の流れがやってくるまでの消化試合をしているような印象がある。

 本記事は、 「X」そしてテキスト型のSNSが今後どこに向かっていくかを考察している。

2位:「経済圏」囲い込みに新NISA、2023年スマホ業界は反転攻勢--ドコモ・楽天は挽回できるか


 ここ数年、スマホ業界は2020年に菅政権からの圧力によって行われた「官製値下げ」により、体力的に大きなダメージを追ってきた。しかし値下げによる減収も一段落したキャリアが相次ぎ、次の戦略をようやく打てるタイミングに来た。本記事は、各社の今後の戦略について解説している。

3位:スマートグラスの個人的ベスト「XREAL Air 2 Pro」--ゲーム、映画、仕事に愛用中

XREAL Air 2 Pro
XREAL Air 2 Pro

 米CNET記者による「XREAL Air 2 Pro」のレビュー記事。Air 2 Proは初代と同様にレンズの傾きを3段階で調整できるだけでなく、アームも少し曲げられるようになった。その結果、頭を挟まれるような圧迫感は消え、長時間でもかけていられるようになったという。

4位:アップル、恒例の初売をスタート--App Storeなどではお正月コンテンツの配信も

1月2日~5日まで初売りを開催
1月2日~5日まで初売りを開催

 アップルは、1月2日より恒例の初売をスタートした。2024年は初売りの期間を2日間延長し、1月5日まで4日間の開催となる。対象商品の購入で最大3万円分のApple Gift Cardや、初売りでしか得られない干支の絵文字「辰」が描かれた特別バージョンの紛失防止タグ「AirTag」がもらえるという。

5位:「Android」対「iPhone」--競争と革新の15年を振り返る

提供:Andrew Lanxon/CNET
提供:Andrew Lanxon/CNET

 スマートフォンをめぐり、AppleとGoogleの間でさまざまなアイデアやインスピレーションが行き来していたことは明白である。本記事は両社のスマートフォンの歴史について振り返り、解説している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]