アップル「iOS 17.2」、「びっくり退職」など--週間人気記事をナナメ読み(12月8日~12月14日)

 CNET Japanで1週間(2023年12月8~14日)に掲載された記事の中から、特に人気を集めた上位5本の記事をご紹介する。どんな記事が読者の関心を集めたのだろうか。

1位:アップル、「iOS 17.2」を公開--「ジャーナル」アプリなどを追加

提供:Pavlo Gonchar/Getty Images
提供:Pavlo Gonchar/Getty Images

 Appleは米国時間12月11日、「iOS 17.2」をリリースした。今回のアップデートには、バグ修正やセキュリティアップデートに加えて、「ジャーナル」アプリや「連絡先キー確認」など、10件以上の新機能が含まれている。

2位:「びっくり退職」はなぜ起きるのか--会社の「エース社員」が突然いなくなる理由


 優秀な社員が突然退職してしまう「びっくり退職」。本記事では、ビズリーチに設立された研究機関「HRMOS WorkTech研究所」の所長である友部博教氏が、「退職を防ぐ」方法と、「びっくりしない」方法について解説している。

3位:レアアースを使わない新たな有機EL製造法--テレビの低価格化につながるか

提供:LG/ZDNET
提供:LG/ZDNET

 有機ELディスプレイが高価なのは、多くは部品に用いられているレアアース(希土類)が理由だ。しかし韓国の東国大学校の発見のおかげで、それが変わるかもしれない。研究者らはレアアースの代わりに、それほど稀少ではなく安価な材料を使い、同じ結果をもたらせる可能性があることを示唆した。

4位:iOS 17の「ジャーナル」アプリを試して1カ月--自分を見つめ直す良い機会になりそう

提供:Patrick Holland/CNET
提供:Patrick Holland/CNET

 米CNET記者による、iOS 17「ジャーナル」アプリのレビュー記事。「振り返り」という機能では、振り返るためのアイデア、質問を提示する記録プロンプトが表示されるが、プロンプトはありきたりなものではなかったという。

5位:10周年「Apple Watch」に期待する4つのこと--「X」モデルで次のレベルへ?

提供:Richard Peterson/CNET
提供:Richard Peterson/CNET

 Bloombergによると、2024年はApple Watchにとって、さらなる飛躍の年となるかもしれない。

 iPhone10周年を記念して「iPhone X」が登場したように、Apple Watch発売10周年を記念して、Appleは次のスマートウォッチを「Apple Watch X」(アップルウォッチ テン)と名付ける可能性があるからだ。Apple Watch Xは、2024年か2025年に登場予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]