グーグル、生成AIによるバーチャル試着機能をアップデート--男性にも対応

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 湯本牧子 (ガリレオ)2023年11月17日 10時34分

 Googleは6月、オンライン小売業者の販売している衣類がさまざまな体型にどのようにフィットするかを示すために、米国で人工知能(AI)活用の新機能を検索サービスに追加した。当初は女性のトップスを対象としていたが、今回、その機能を男性のトップスにも拡大した。これは、Googleが多様な製品およびオンラインサービスに生成AI(プロンプトを与えるとトレーニング用データに基づいてコンテンツを作成できるAI)を組み込もうとする新たな動きだ。

さまざまな服を着た女性の画像
提供:Google

 米国時間11月16日から、男性向けのトップスを検索すると、Abercrombie、Banana Republic、J.Crew、Under Armourなど数百のブランドの服が、「try-on」(試着)アイコンとともに表示されるという。この機能は、いろいろなサイズの服を実際の人間が着たときにどう見えるかを示すため、AIを利用して本物のモデルが衣類を身につけた画像を生成する。Amazon、Walmartといった大手のインターネット企業や小売業者は、ホームショッピングとバーチャル試着体験の強化を目指しているが、今回の動きもそういった取り組みの最新の例だ。

新機能を利用する様子 提供:Google

 Googleは試着する服のイメージをAIで生成しているが、その服のサイズ感を示すには実際の人間を使っている。バーチャル試着機能を担当するグループ製品マネージャーShyam Sunder氏は6月の記者会見で、このショッピング機能を開発するために80人のモデル(女性40人、男性40人)を採用したと述べていた。

 同氏によると、小売業者のウェブサイトに掲載されている商品1点に対して1枚の画像があれば、モデルがその服を着用した画像をAIで生成できるという。同社の技術によって、素材の「ドレープ、折り目、フィット感、伸縮性、しわや影」がどのように出るかを示せると、ショッピング製品担当シニアディレクターのLilian Rincon氏は公式ブログで述べていた。当初は女性のトップスを対象にこの機能を導入したが、他のカテゴリーにも拡大する計画だとしていた。

さまざまな体型の女性が同じトップスを着た画像
提供:Google

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]