東急建設と帝人、建設工事現場に使用する水素エネルギーの実用化へ

 東急建設と帝人は8月9日、建設工事現場における電源として活用する水素燃料電池発電機の有効性と有用性に関する検証を行ったと発表した。

水素燃料電池発電機を運搬する様子
水素燃料電池発電機を運搬する様子

 本検証は、建設工事現場への水素エネルギーの普及を目指し、両社が共同で行うもの。6月下旬より7月中旬までの期間、東急建設が施工中の渋谷駅西口地下タクシープール車路整備工事において実施した。

 検証では、帝人グループが開発した水素燃料電池発電機である燃料電池ユニットと、同ユニットに水素を供給する圧力容器ユニットを使用。電気設備機器の電源としての水素燃料電池発電機の有効性と有用性を検証した。まお、今回の検証では、東急建設の技術研究所で生産した「グリーン水素」を使用している。

 検証の結果、検証期間中に水素燃料電池発電機を累計約10時間使用した場合、同出力のガソリン発電機と比較したCO2排出量の削減効果を、約6キロ(参考値)と確認。これにより、年間約1トン強のCO2排出量の削減効果が見込めるとしている。

 運転音についても、ガソリン発電機は約80デシベルのところ、同出力の水素燃料電池発電機は約60デシベルと、騒音低減も実現した。

 また、 燃料電池ユニットと圧力容器ユニットの作業性と運搬性については、車両への積み込みや積み下ろし作業において、特殊な機材は必要とせず、人の手による作業が可能であることを確認。また、片道約300メートルにおいて、燃料電池ユニットおよび圧力容器ユニットを、作業者1名ずつで運搬できることを確認した。

水素燃料電池発電機による照明利用の様子
水素燃料電池発電機による照明利用の様子

 両社によると、夜間工事の現場では、照明や警告板などの電気設備の利用のために、軽油やガソリンを使用する発電機が用いられるのか一般的だが、CO2の排出をはじめ、騒音、振動、臭気などの課題があったという。

 今回、発電機にCO2などの温室効果ガスを排出しない水素燃料電池を使用することで、臭気や騒音の低減が見込めるとともに、脱炭素社会の実現に貢献するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]