アマゾン、配達用のRivian製EVバンを欧州に初導入--まず300台強をドイツで

 Amazon.comは、Rivian Automotiveと共同開発した配達用の電気自動車(EV)を、欧州にも導入すると発表した。数週間後にドイツで運用を始める。

まずドイツで800台強(出典:Amazon.de)
まずドイツで800台強(出典:Amazon.de)

 この配達用EVは、Amazon.comが資金提供しているEVスタートアップのRivianと共同開発したもの。欧州で運用するにあたり、米国で使用しているものより長さが短く、幅が狭い車両にしたという。ドイツでは、まず300台強の配達用EVをミュンヘン、ベルリン、デュッセルドルフの各地域で使う。

ドイツで配達用EVバンを使用開始(出典:Amazon.de/YouTube)


 Amazon.comは、2040年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする目標「Climate Pledge」を掲げている。この目標達成を目指し、2030年までに全世界で10万台の配達用バンをRivian製EV化する計画。

 欧州でも荷物配送網の電動化と脱炭素化を推進するため、今後5年間で10億ユーロ(約1571億円)投資する計画も発表した。ロンドンやミュンヘン、パリといった都市部では、20カ所以上のマイクロモビリティ配達拠点を設け、電動カーゴバイクや徒歩での配達にも取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]