アップルの「WWDC23」発表予想--MRヘッドセットやMacなどハードウェアも?

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2023年05月31日 07時45分

 Appleの「Worldwide Developers Conference」(WWDC)の開幕まで1週間を切った。この大規模な開発者向けイベントは、これまで、「iPhone」や「iPad」「Apple Watch」「Mac」向けの新しいソフトウェアが初披露される場であったが、時には新しいハードウェアが発表される場でもあった。

WWDC23の画像
提供:Apple

 2023年のWWDCは、後者のパターンになりそうだ。ベールに包まれた同社の拡張現実(AR)ヘッドセットや15インチの新型「MacBook Air」、長らくその存在がほのめかされてきた「Appleシリコン」搭載の「Mac Pro」に関して多くのうわさが飛び交っており、ソフトウェア関連のさまざまな改善とともに、何らかの物理的な製品が壇上で披露される可能性は間違いなくある。

 Tim Cook氏が壇上に現れて正式な発表を行うのはもう少し先のことだが、本記事では、米国時間6月5日に行われる基調講演の内容を予想する。

WWDCの開催日

WWDC23の招待状の画像
提供:Apple

 2023年のWWDCは6月5日から9日にかけて開催される。開会の基調講演は太平洋時間6月5日午前10時(日本時間6日午前2時)に予定されている。

 例年どおり、基調講演はAppleの公式サイトでストリーミング配信される。

発表が期待されるもの

Appleのヘッドセット

AppleのロゴとARのイメージ
提供:James Martin/CNET

 2023年のWWDCに関する最大のうわさは、もちろん、Appleのヘッドセットだ。新しい「xrOS」が搭載されるとうわさされているこのヘッドセットは、仮想現実(VR)とARを組み合わせた複合現実(MR)を利用できるとみられる。視線や手の動きを追跡する機能や高解像度ディスプレイも搭載されると言われており、価格は3000ドル(約42万円)程度になる見込みだ。

 BloombergのMark Gurman氏は先ごろ、Appleがこのヘッドセット向けのソフトウェアやサービスの開発を進めており、それにはスポーツ観戦やゲーム、エクササイズ、iPadの既存機能の新バージョンなどが含まれると報じた。それによって、消費者が感動して3000ドルを支払うことを納得するのかどうか、あるいは、開発者がヘッドセット用アプリの開発に力を入れるようになるのかどうかは、今後明らかになるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]