ダイソン、4年ぶりのロボット掃除機、空気清浄機能搭載のヘッドホンも日本で発売へ

 ダイソンは、ダイソン日本法人設立25周年を記念し、「Dyson Japan 25th anniversary Press conference」を5月23日に実施した。カンファレンスでは、新製品「Dyson 360 Vis Nav ロボット掃除機」「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」「Ceramic Pop(セラミックポップ)ヘアケア製品」を紹介。また、ダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏と、チーフエンジニアのジェイク・ダイソン氏が25年の歩みを語った。

チーフエンジニアのジェイク・ダイソン氏(左)とダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏(右)。2人は親子
チーフエンジニアのジェイク・ダイソン氏(左)とダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏(右)。2人は親子

壁ぎわもキレイにするロボット掃除機「Dyson 360 Vis Nav」

 今回のプレスカンファレンスで紹介された新製品のうちの1つ「Dyson 360 Vis Nav ロボット掃除機」は、ダイソンが実に4年ぶりに発売するロボット掃除機だ。直販価格は18万9200円。モーター技術や集じん性能といった基本性能には、同社がこれまでコードレスクリーナーで培った技術を活かしている。

「Dyson 360 Vis Nav ロボット掃除機」はD型のフォルムと薄型なボディが特徴
「Dyson 360 Vis Nav ロボット掃除機」はD型のフォルムと薄型なボディが特徴

 モーターは毎分最大11万回転する「Dyson Hyperdymiumモーター」を備え、パワフルに吸引する。

 メインのブラシは「トリプルアクションブラシ」。これは、大きなゴミを取り除くソフトなナイロンブラシ、静電気を抑えつつ床の溝のほこりをかき集めるカーボンファイバーブラシ、カーペットの奥からゴミを掻き出す硬いナイロンブラシの3種類のブラシで構成されている。これにより、家の中のゴミを取り除く。

こだわりが詰まったメインブラシに掃除機メーカーらしさを感じる
こだわりが詰まったメインブラシに掃除機メーカーらしさを感じる
ブラシが大きく本体横幅いっぱいに配置されている
ブラシが大きく本体横幅いっぱいに配置されている

 Dyson V12 Detectなどでおなじみの「ピエゾセンサー」も搭載。オートモードに設定するとゴミの量が多いと検知するとパワーをアップさせるなど、ゴミの量に応じて吸引力を自動で調節する。

 本体の横には「エッジノズル」という小さなブラシ状のパーツがあるが、これが壁ぎわを掃除する時に「ピュッ」と飛び出し、壁ぎわのホコリをキレイにしてくれる。

この赤いパーツが「エッジノズル」。壁ぎわを掃除するときに飛び出す
この赤いパーツが「エッジノズル」。壁ぎわを掃除するときに飛び出す
ゴミ捨ては、ボタンを押せばワンタッチでクリアビンの底が開く。これはスティッククリーナーと同じような仕組みだ
ゴミ捨ては、ボタンを押せばワンタッチでクリアビンの底が開く。これはスティッククリーナーと同じような仕組みだ
本体にはHEPAフィルターを備えており、排気のキレイさにも配慮している
本体にはHEPAフィルターを備えており、排気のキレイさにも配慮している
26個のセンサーを搭載し、障害物を回避する。前モデルよりもより遠くまで検知するほか、壁際のホコリも検知する。天面には魚眼レンズ(写真)を搭載する
26個のセンサーを搭載し、障害物を回避する。前モデルよりもより遠くまで検知するほか、壁際のホコリも検知する。天面には魚眼レンズ(写真)を搭載する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]