ダイソン、4年ぶりのロボット掃除機、空気清浄機能搭載のヘッドホンも日本で発売へ - (page 2)

ヘッドホン+空気清浄機能も持つ「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」

 「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」は、ダイソン初のウェアラブル製品。直販価格は12万1000円~。

 一見するとヘッドホンだが、取り外し可能なシールドを使えば、使用者の鼻と口にキレイな空気を届けるという製品だ。各イヤーカップの中のコンプレッサーが二重構造のフィルターを通して空気を吸い込み、キレイになった気流を非接触型シールドを通して口と鼻に送り届ける。人が多い場所や空気が気になる時にサッと使える。いわば持ち運べる空気清浄機だ。

カラーはウルトラブルー/プルシアンブルー
カラーはウルトラブルー/プルシアンブルー
直販モデルはプルシアンブルー/ブライトコッパーで、付属品が異なる
直販モデルはプルシアンブルー/ブライトコッパーで、付属品が異なる

 ノイズキャンセリング機能を搭載。実際に装着してみると、ざわついた会場でもノイズが気にならないほど。イヤークッションはきつすぎず、緩すぎず丁度よい付け心地だった。

 専用アプリでノイズキャンセリングのモードを調節するほか、好みの音にモードを選択できる。また、騒音レベルや空気の状態を確認できる。

 同社では、バックパックにセンサーを内蔵し、協力者に都市部を歩き回ってもらい、大気中の汚染物質を研究。それにより、「屋外でもキレイな空気を提供することが大切だと気がついた」とジェイク・ダイソン氏は話す。外でキレイな空気を提供するためのウェアラブルとして誕生したのがDyson Zone 空気清浄ヘッドホンだ。

シールド部の内側
シールド部の内側
「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホンを使うことで、街中でも飛行機の中でも音楽を楽しみながら清浄した空気を吸える」と話すジェイク・ダイソン氏
「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホンを使うことで、街中でも飛行機の中でも音楽を楽しみながら清浄した空気を吸える」と話すジェイク・ダイソン氏
ヘッドホンとして使用するときはこのスタイル。マイクがついているので、通話や録音もできる
ヘッドホンとして使用するときはこのスタイル。マイクがついているので、通話や録音もできる
空気の汚れが気になる時はこのスタイルで
空気の汚れが気になる時はこのスタイルで

 Dyson Zone 空気清浄ヘッドホンは、ダイソンとして初めてのウェアラブル製品だが、同社は今後もウェアラブル製品の開発に力を入れていくという。

 「ダイソンは、気流を活用して人の問題解決にあたってきた。今後は、新しいステージを迎え、テクノロジーの新しい領域にすすんでいく。サイクロンテクノロジー、デジタルモーター、センサー、アルゴリズム、ソフトウェア、コネクティビティすべてを集結してダイソンの新しい時代へとすすんでいく。われわれはテクノロジーは楽しいものと考えている。イノベーション、テクノロジーを通して皆さんの生活にマジックをお届けしたい」と、ジェイク・ダイソン氏は今後の展望を語った。

掃除機からスタートしたダイソンの製品カテゴリーは爆発的に広がった
掃除機からスタートしたダイソンの製品カテゴリーは爆発的に広がった

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]