「マイナカードのスマホ搭載」に向けシステム改修--GW期間中は一部手続き停止へ

 総務省は4月21日、5月11日のリリースを予定するマイナンバーカードのAndoridスマートフォンへの搭載に向けて、GW期間中(4月29日から5月7日)、公的個人認証システムの更改作業を実施すると発表した。

キャプション

 同作業に伴い、市区町村窓口におけるマイナンバーカードの各種手続きが行えなくなるという。

 具体的には、マイナンバーカードの電子証明書の新規発行・更新・失効、氏名変更、および市区町村内での転居があった場合の住所変更、暗証番号の初期化や再設定ができなくなる。

 ただし、マイナンバーカードの申請や受け取り、市区町村外からの転入があった場合の住所変更、暗証番号の変更(ロックの解除は不可)、有効期間変更および特例期間延長(外国人の手続)は可能だという。

 加えて、健康保険証としての利用、コンビニエンスストアでの各種証明書の自動交付サービス、マイナポイントの申し込み、マイナポータルおよび、e-Taxは期間中も利用できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]