マイクロソフト、新しい「Bing」のモバイルアプリをプレビュー提供

Kourtnee Jackson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月24日 08時09分

 Microsoftは米国時間2月22日、新しい「Bing」と「Edge」のモバイルアプリを「Android」および「iOS」向けにプレビュー公開したと発表した。このプレビュー版は音声検索にも対応している。Microsoftは2月上旬に、OpenAIの技術を組み込んだBingの最新版を発表していた。

Bingのロゴ
提供:Budrul Chukrut/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

 新しいBingとEdgeが最初に提供されたのはデスクトップであり、今回のモバイル版は「デスクトップから離れている時でも、ウェブの副操縦士としての役割を果たす」と、Microsoftは述べた。Bingアプリのプレビュー版では、アイコンをタップしてチャットを開始し、回答を得ることができる。このプレビュー版にアクセスできる人は、Edgeのモバイルアプリでも新しいBingを利用できるようになる。

 同社はまた、人工知能(AI)を搭載した新しいBingのチャット機能を、「Skype」にプレビューで搭載した。世界中のユーザーが対象となる。

 アクセス可能なユーザーは、BingをSkypeのグループチャットに追加して、会話の中でBingのチャットボットに質問して回答を得ることができる。Microsoftによると、100を超える言語が利用可能で、どのような形態(テキスト、箇条書きリスト、またはシンプルな返答)で回答を得るかを選べるという。

 Microsoftによると、低帯域幅の環境でプレビュー版を使う場合、接続性の問題に遭遇する可能性があり、同社はその修正に取り組んでいるという。同社は引き続き、このテストフェーズの間にBingのAI技術を改良していく予定だ。チャットボットによる奇妙な回答が初期の段階でテスターらから報告されたことを受けて、批評家らは、AIの間違いに関する懸念を表明していた。Microsoftは、フィードバックを受け取っており、それを基に順次改良を加えていくとした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]