ゲッティイメージズ、画像生成AI「Stable Diffusion」開発元を提訴--著作権侵害で

 世界有数のストックフォトサービスを提供するGetty Imagesは、画像生成人工知能(AI)「Stable Diffusion」の開発元であるStability AIが著作権を侵害しているとして米国で提訴した。Getty Imagesが保有する1200万枚以上の画像を許可なく複製し、AIモデルの学習に利用していたという。

AIのイメージ
提供:Andriy Onufriyenko

 Getty Imagesは訴状で、「当社の知的財産権を驚異的な規模で堂々と侵害」したとして、Stability AIを非難している。

 今回の提訴は、1月にロンドンの高等法院で同社が開始したStability AIに対する法的手続きに続くものだ。

 Getty Imagesは、AIについて「創造的な取り組みを刺激する可能性がある」としており、個人の権利や知的財産権を尊重する方法で、AIシステムの学習に関連する目的のために主要な企業にライセンスを提供している。しかし、「Stability AIはそのようなライセンスを要請することなく、商業的利益を追求するために、実行可能なライセンスオプションと長年の法的保護を無視することを選択した」と述べている。

 同社はこれまでにも、AIによって生成された画像をサイトから排除し、AIで作成した作品の提出も受けつけないことを決定し、著作権保護に努めてきた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]