ストック写真サービスのGetty Images、AI生成画像を禁止

Alix Langone (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年09月22日 12時50分

 世界有数のストックフォトサービスの1つであるGetty Imagesは、人工知能(AI)によって生成された画像をサイトから排除する。また、AIで作成した作品の提出も受けつけない。

AIのイメージ
提供:Andriy Onufriyenko

 PetaPixelの記事によると、「DALL-E」「Stable Diffusion」「Midjourney」などのAI画像生成ツールで生成した画像が対象となる。

 Getty Imagesの最高経営責任者(CEO)を務めるCraig Peters氏は米国時間9月21日、「コンテンツの削除はすでに始まっているが、担当チームは今後も常に目を光らせている」と、米CNETへの電子メールで述べた。

 同氏は続けて、Getty ImagesのライブラリーではAIコンテンツがすでに「極めて限られたもの」になっており、「当社の編集物はすでにかなり制御されている」とした。

 同じくストックフォト企業であるShutterstockもGetty Imagesに追従するようだ。報道によると、AIで作成された作品をサイトから削除し始めたという。

 Shutterstockにコメントを求めたが、回答はすぐには得られなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]