Twitter、APIを有料化へ

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月03日 07時34分

 Twitterは来週、これまで無料だった同社のAPIを有料化する。Twitterによると、APIは、ツイート、ユーザー、スペース、ダイレクトメッセージなどを「検索および取得、処理、作成」するための自動的な手段をユーザーに提供するものだという。

Twitterのロゴ
提供:Sarah Tew/CNET

 「2月9日に、Twitter APIのバージョン2とバージョン1.1の両方に対する無料アクセスのサポートを終了する。代わりに有料の基本プランを提供する」と、 Twitter Devアカウントは米国時間2月2日にツイートした。有料版の料金には言及していない。

 Twitter APIは、Twitterと連携するサードパーティーツールを作成する開発者や、研究の一環としてデータを分析する研究者に利用されている。無料サービス終了の通知がわずか1週間前だったことで、有料化とともにお気に入りのTwitterボットが終了するのではないかと憶測する声もある。

 Kickstarterの元最高技術責任者(CTO)であるAndy Baio氏は、Twitter APIに対するこの変更により、「ボット、ゲーム、マッシュアップ、ビジュアル化、研究プロジェクト、自動投稿ツール、自動ブロックツール、削除ツールなど、これまでにそれを利用して構築された、ありとあらゆる無料の楽しくて便利な機能」が実質的に消えることになると、Mastodonに投稿している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]