2億画素カメラ搭載「Galaxy S23 Ultra」がついに登場

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年02月02日 10時21分

 米国時間2月1日に開催された「Samsung Unpacked」イベントで発表された「Galaxy S23 Ultra」のカメラは、サムスンにとってここ数年で最大のアップグレードとなっている。この新しい最上位機種は、2億画素カメラを搭載しており、その解像度は前世代の「Galaxy S22 Ultra」の約2倍だ。

 5000mAhのバッテリーにより端末サイズを大幅に変更することなく、前世代よりも高解像度なカメラを搭載した同モデルの価格は1199.99ドル(約15万5000円)から。発売日は2月17日で、予約注文の受付が開始されている

Galaxy S23 Ultra
提供:Bobby Oliver/CNET

 同端末の他に、999ドル(約12万9000円)からの「Galaxy S23+」と799ドル(約10万3000円)からの「Galaxy S23」を含むGalaxy S23シリーズは、低迷するスマートフォン業界において消費者にアップグレードを促すためのサムスンの最新の取り組みだ。サムスンは1月に、2億画素の新しいイメージセンサー「ISOCELL HP2」を発表したばかりであるため、2億画素のカメラがGalaxy S23 Ultraに搭載されたことは意外ではない。

 しかしそれは、サムスンがカメラをスマートフォンの最も重要な要素と捉えており、そのためなら消費者が高額を支払ってくれると期待していることを示唆している。Galaxy S23 Ultraは明らかに、巨大な画面と最高級のカメラを望む、写真愛好家をターゲットとしている。同製品がその約束を果たしているかどうかについては、実機のレビューを待たなければならない。

 Galaxy S23 Ultraには、スタイラスペン「Sペン」が内蔵され、作業効率の向上が見込める。サイズは78.1×163.4×8.9mm、重さは234g。リサイクル素材を使用した部品がより多く採用されている。6.8インチの「Dynamic AMOLED 2X」ディスプレイ(QHD+)を備え、最大120Hzのリフレッシュレートに対応する。メモリーとストレージの組み合わせは、8+256GB、12+256GB、12+512GB、12GB+1TB。

 Galaxy S23+のサイズは、76.2×157.8×7.6mm、重さは195g。ディスプレイサイズは6.6インチで、バッテリーは4700mAh。Galaxy S23は、70.9×146.3×7.6mm、重さは168g。ディスプレイサイズは6.1インチで、バッテリーは3900mAh。いずれもAMOLEDディスプレイ(FHD+)と、1200万画素の超広角カメラ、5000万画素の広角カメラ、1億画素の望遠カメラ、3倍光学ズームの背面カメラを備え、最大120Hzのリフレッシュレートに対応する。メモリーとストレージの組み合わせは、8+256GB、8+512GBに加えて、S23は8+128GBも選べる。

 Galaxy S23シリーズのフロントカメラは、高速オートフォーカス機能に加え、Galaxy史上初となるSuper HDRが導入されている。30fpsから60 fpsへ高速化され、より高解像度な写真と動画撮影が可能になっている。

 基本カラーはファントムブラック、クリーム、グリーン、ラベンダーの4色展開。チップセットはいずれもQualcommの「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]