日産と積水ハウス、集合住宅にEVのある暮らしを導入する「+e PROJECT」

 日産自動車(日産)と積水ハウスは1月12日、集合住宅にEV(電気自動車)のある暮らしを導入する「+e PROJECT(プラスイープロジェクト)の発足を発表した。

「+e PROJECT(プラスイープロジェクト)」
「+e PROJECT(プラスイープロジェクト)」

 日産が2022年12月に実施した、EVの購入時に重要な住居の環境についての調査では、EV検討層の直近3年間での購入検討が7割以上と増加傾向にある一方で、住環境が理由でEV購入を断念した経験者が半数以上となり、集合住宅の居住者の8割以上が「EVの購入は難しい」と回答したという。

 これを受け、日産と積水ハウスは、住環境が理由でEVを諦めることがない世の中の実現を目指し、本プロジェクトを始動。

 第1弾として、集合住宅へのEV充電設備導入方法をよりわかりやすくステップでまとめた特設サイトを同日より公開した。

 さらに、神奈川県横浜市に積水ハウスが建築した、ゼロエネルギーの賃貸住宅「シャーメゾン ZEH」にて、集合住宅でEVのある暮らしを体験するイベント「+e 試住」を、3月4日より実施。1月12日から2月13日18:00までの応募から抽選で、計3組6名(各テーマ1組2名)が、無償で体験できる。

 +e 試住では、「食体験」「防災シミュレーション」「ペットとの暮らし」の3つのテーマを設定し、集合住宅にEVのある暮らしを、1泊2日で体験する。食体験として、収穫から調理、食べてくつろぐまで、すべてゼロエミッションな暮らしを提供。人気シェフを招き、サステナブルな食材をサステナブルな調理で味わうことができる。

 防災シミュレーションでは、EVとZEHの融合により実現可能となった、災害時でもいつも通り過ごせる生活を、ゲーム感覚で体験。ペットとの暮らしでは、ガソリン車に比べ、騒音・振動・匂いの点で同乗するペットに優しいEVと、断熱性の高いZEHにより、ペットとの快適な暮らしを提案する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]