LG、自由に曲げられる有機ELテレビ「LG OLED Flex」--サイズも可変、2画面表示も

加納恵 (編集部)2022年12月01日 11時38分

 LGエレクトロニクス・ジャパンは12月1日、自由に曲げられる42インチの有機ELテレビ「LG OLED Flex 42LX3QPJA」を発表した。画面の曲率や高さ、角度も画面サイズまで、自由に調整ができる。同日から予約販売を開始し、発売は2023年1月18日。想定税込価格は44万円前後になる。

「LG OLED Flex 42LX3QPJA」
「LG OLED Flex 42LX3QPJA」

 LG OLED Flexは、平面から曲面まで自由に曲率を変えられるテレビ。平面から最大900Rの曲率まで20段階で曲率調整ができ、複数人で視聴するときは画面を平面に、近距離でゲームプレイする時は最大曲率900Rにと、視聴距離や設置場所、コンテンツにあわせて、最適な視聴環境に調整可能だ。

 曲率はリモコンなどから自動で変更ができ、手動での変更は不可。背面に左右に分かれたアームがついており、支点を中心にアームが動くことで、ディスプレイが曲げられる仕組みだ。リモコンには3段階の曲率を設定でき、ボタン1つできりかえられる。

 画面の高さを140mm上げられるほか、チルト機能で前に10度、後ろに5度の傾斜調整を実現。画面サイズは27、32、42インチに変更でき、2画面を同時に使用できるマルチビュー機能も備える。

画面サイズは27、32、42インチに変更できる
画面サイズは27、32、42インチに変更できる

 独自の映像エンジン「α9 Gen5 AI Processor 4K」を搭載し、従来の有機ELテレビに比べ、高輝度、高純度の色を再現。4Kのハイフレームレート(HFR)に対応し、通常の2倍にあたる最大秒間120フレーム(120Hz)での表示ができるほか、応答速度0.1msで、動きの早いゲームコンテンツなども楽しめる。

 本体にはBS4K、CS4Kチューナーを2基、地上、BS、110度CSチューナーを3基搭載。PCと接続した際、スタンド横のスイッチングハブボタンで、テレビのUSBポートに接続したキーボードやマウス、テレビ内蔵マイクを、PC でも使用できるよう切換可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]