任天堂とDeNA、合弁会社「ニンテンドーシステムズ株式会社」を設立へ

佐藤和也 (編集部)2022年11月08日 16時58分

 任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は11月8日、合弁会社「ニンテンドーシステムズ株式会社」を設立すると発表した。設立年月日は2023年4月3日を予定。資本金は50億円で出資比率は任天堂が80%、DeNAが20%。

 任天堂とDeNAは2015年に業務・資本提携を締結。ニンテンドーアカウントを中心とする新たな基幹システムの開発と運用に取り組んできたという。今回の合弁会社設立は、7年以上におよぶ両社のノウハウの蓄積とニンテンドーアカウントを基盤としたさまざまなサービス開発の経験をもとに、提携・パートナーシップを強化し、ビジネスにおけるデジタル化を強化することを目的としたもの。顧客との関係性をより一層深めるための研究開発と付加価値創造を行うという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]