「iPad」でアプリ2つを同時表示--知られざる便利機能を紹介

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) Maria Diaz (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2022年11月09日 07時30分

 「iPad」は素晴らしいデバイスだ。タブレットとノートブックの中間に位置する製品になっている。そして、iPadのOSである「iPadOS」には、非常にクールな機能がいくつか搭載されている(先頃、待望の「iPadOS 16」がリリースされた)。

figure_1
提供:June Wan/ZDNET

 しかし、それらのクールな機能の多くを使用していない、あるいは認識さえしていない人が大勢いることに、筆者は驚きを感じる。

 マルチタスク(画面分割とも呼ばれる「Split View」機能)も、おそらく多くの人が使用していないiPadの魅力的な機能の1つだろう。

 マルチタスクとは、画面上で2つのアプリを並べて実行し、それらをシームレスに切り替える機能のことだ。複数のアプリを同時に使用することで、2つのウェブサイトを同時に表示させたり、記事を読みながら「メモ」アプリを使用したり、別のアプリで動画視聴を続けながらメッセージを確認したりすることが可能になる。

iPadでSplit Viewを使用して画面を分割する方法

1. アプリの画面上部にある3つのドットのアイコンをタップする

 iPadのホーム画面から、1つ目のアプリを起動して、アプリの画面上部にある3つのドットを見つける。それをタップして、表示オプションにアクセスする。

figure_2
提供:Maria Diaz/ZDNET

2. Split Viewオプションを選択する

 3つのドットをタップすると、iPadで現在のアプリを表示する方法として、以下のオプションが表示される。

  • Split View:2つのアプリを並べて配置する。アプリ間の境界線をドラッグして、アプリのサイズを変更することが可能。
  • 「Slide Over」:2つ目のアプリがフルスクリーンで表示され、最初に開いたアプリが、その上に浮かぶ形で小さいウィンドウに移動する。この小さいウィンドウは、画面の左端か右端にドラッグできる。
  • 「フルスクリーン」:これをタップすると、マルチタスクが終了する。
figure_3
提供:Screenshot by Adrian Kingsley-Hughes/ZDNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]