E・マスク氏、正式にTwitter CEOに就任

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年11月02日 09時31分

 Elon Musk氏がTwitterの新しい最高経営責任者(CEO)に正式に就任したことが、米国時間10月31日に米証券取引委員会(SEC)に提出された書類で明らかになった。IT業界の大富豪である同氏はその数日前に、440億ドル(約6兆5000億円)での買収を完了して、同社を非公開化したばかりだ。

Elon Musk氏のTwitterのプロフィール写真
提供:Sarah Tew/CNET

 Musk氏が4月、一方的にTwitter買収を発表した際、同氏はTwitterの新しいCEOを既に選定していると、Reutersが匿名情報筋の話として報じていた。10月27日遅くに買収を完了する前に、Musk氏は自身のTwitterプロフィールを「Chief Twit」に変更していたが、CEOについては発表していなかった。

 TeslaとSpaceXのCEOを兼務する同氏は30日になっても、「誰がCEOになるかは分からない」とツイートしていた。

 SECに提出した自身の署名入りの書類の中で、Musk氏は自身が同社CEOに就任したことを明らかにした。正式にCEOに就任したことが明らかになるまでのこの数日間で、同氏は、前CEOのParag Agrawal氏を含む上級幹部らを解雇し、ホームページに変更を加え誤った情報をツイートしてから削除し、Twitterの認証バッジを有料化する可能性を示唆するなど、次々と行動を起こしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]