アップルのティム・クックCEO、ローマ教皇に内謁

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年10月04日 12時26分

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は現地時間10月3日、ローマ教皇フランシスコに内謁したと、Reutersが報じた。Cook氏は、イタリアを巡る途中でバチカンに立ち寄った。イタリアでは、9月の「iPhone 14」発売後に、Apple Storeやアプリ開発者ら、学校を訪問していた。

Tim Cook氏
提供:CNET

 教皇フランシスコへの内謁は、世界を舞台とするCook氏にとって新たな出会いとなった。61歳のCook氏は、2011年にAppleの共同創設者Steve Jobs氏の後を引き継ぎ、CEOに就任して以来、政界やビジネス界のリーダーとたびたび会ってきた。Jobs氏も、2011年にシリコンバレーでBarack Obama元大統領と会食するなど、世界のリーダーらと定期的に面会していた。

 Cook氏もそうした取り組みを続けており、ワシントンDCを定期的に訪れては、議員や米大統領と面会している。2019年には、最新の「Mac Pro」を生産するテキサス州の同社工場に、当時の大統領Donald Trump氏を招待した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]