Twitter、児童ポルノ関連投稿と並んで大手企業の広告を表示--広告停止など相次ぐ

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年09月30日 10時26分

 Twitterは米国時間9月28日、児童の性的虐待に関連するコンテンツを求めたり販売したりしていたプロフィールに大手ブランドの広告が表示された経緯を調査していることを明らかにした。

Twitterのロゴ
提供:James Martin/CNET

 Twitterの広報担当者Celeste Carswell氏は、「当社はこうしたことが今後起きるのを防ぐために、顧客やパートナーと緊密に協力し、状況を調べて適切な措置を取る」と述べた。

 Twitterは、児童の性的虐待に関連するコンテンツを投稿するアカウントを検知して凍結する取り組みを強化し、「個人であるかブランドであるかに関わらず、Twitterのすべてのユーザーを守る適切なモデルやプロセス、製品を確実に提供できるよう取り組む」とした。同社は、規則に反してこうしたコンテンツを共有したと分かった多くのプロフィールを凍結したとしているが、その数は明らかにしなかった。

 憤慨する広告主数社にインタビューしたReutersによると、Dysonやマツダなどいくつかのブランドは、こうした不快なツイートと並んで自社広告が掲載されているのを知って、マーケティングキャンペーンを中断したり、Twitterへの広告出稿を一部停止したりしたという。Reutersは、サイバーセキュリティグループGhost Dataによる調査に触れ、Walt Disney CompanyやCole Haan、Coca-Colaなど30以上のブランドの広告が、児童性的虐待関連コンテンツへのリンクを拡散するプロフィールに表示されていたと報じている。またBusiness Insiderは、Twitterが広告主に状況と、この問題に対処するために進めている取り組みについて伝えたと報じた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]