マイクロソフト、iOS版「SwiftKey」アプリを廃止へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2022年09月30日 08時19分

 入力予測キーボードアプリ「SwiftKey」の「iOS」版に対するMicrosoftのサポートに何が起きているのかという疑問が、この数週間あちこちで湧き上がっていた。Redditの1カ月前のあるスレッドでは、同アプリが1年以上アップデートされていないことが指摘されていた。ある読者から最近、これに関する最新状況の問い合わせがあったので、筆者はMicrosoftに尋ねてみた。

SwiftKeyアプリの画面
提供:Microsoft

 正式な回答が得られた。同社の広報担当者は米国時間9月28日、SwiftKeyの製品管理ディレクターであるChris Wolfe氏による以下のコメントを電子メールで提供した。

 「10月5日をもって、iOS版SwiftKeyのサポートを終了し、同アプリはAppleの『App Store』から削除される。Microsoftは、Android版SwiftKeyと、この『Windows』タッチキーボードを支える基盤技術のサポートを継続する。iOSにインストールされているSwiftKeyは、ユーザーが手作業でこれをアンインストールするか、新しい端末に買い替えるまで、使い続けられる。詳細については、Support.SwiftKey.comを参照してほしい」

 この決断に至った正式な理由を同社に尋ねたところ、これ以上伝えることはないとの回答があった。

 最大の理由は、自社の「ウォールドガーデン」を守ろうとするAppleのポリシーにあるのではないかと、筆者は推測している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]