グーグル、Facebookとの広告契約めぐる反トラスト訴訟に進展

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年09月15日 11時07分

 オンライン広告で競合するFacebook(現Meta)と違法な契約を結んでいたとして、Googleが複数の州から提起されている反トラスト訴訟に進展があった。

Googleのロゴ
提供:James Martin/CNET

 テキサス州のKen Paxton司法長官を中心とする16の州と地域は2020年、Googleが2018年に、Facebookとの間で「Jedi Blue」というコード名の秘密契約を結んだとして、同社を提訴した。これは、Googleのオンライン広告オークションでFacebookが違法に有利になるようにするものだったとされている。Facebookは、この訴訟には含まれていない。

 Googleは、これらの州が説明した行為は合法であると主張して、この訴訟の破棄を求めていた。ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所のP. Kevin Castel判事は米国時間9月13日、訴訟手続きを進めることを許可したうえで、契約が違法な取引制限だったとする主張は棄却するとし、両社が合意に至った経緯に「不可解な点や疑わしい点はない」と述べた。

 Googleは、Castel判事の裁定について、Paxton司法長官の訴状の欠陥を指摘したものだと述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]