楽天モバイルが不正請求被害に--元従業員と取引先が共謀 「捜査に全面協力」

小口貴宏 (編集部)2022年09月02日 11時20分

 楽天モバイルは9月2日、朝日新聞が報じた取引先からの不正請求被害について「警察に相談のうえ、すでに告訴状を提出し、捜査に全面的に協力している」と明らかにした。

 朝日新聞の報道によると、携帯電話の基地局整備をめぐり、楽天モバイルの従業員と取引先が共謀し、楽天モバイルに対して不正な請求を行っていた。水増し請求の被害額は約46億円にのぼるという。

 楽天モバイルによると、同件は社内でもすでに把握しており、元従業員は8月12日付けで懲戒解雇したという。また、取引先を含め、刑事上および民事上の責任を追及するとしている。今後はコンプライアンス教育を徹底し、グループ全体で再発防止に努めるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]