MITの4足歩行ロボット「Mini Cheetah」、速度が大幅に向上

Jesse Orrall (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月29日 13時03分

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発を進めている4足歩行ロボット「Mini Cheetah」は、映画「マトリックス」の主人公ネオを思わせるような機械学習によって、その名に相応しい速さの実現に一歩近づいた。

Mini Cheetah
提供:MIT

 走り方こそ機械ならではの不自然さが拭えないが、時速8~9マイル(約13~14km)で走れるようになり、2019年当時の最高速度だった時速約5.5マイル(約9km)から大幅に向上した。では、何が変わったのだろうか。

 Mini Cheetahは、シミュレーションによるトライアル&エラーから学習した知識を現実の世界に応用することで、より速くなり、さまざまな地形を走行できるようになった。

Mini Cheetah
提供:MIT

 研究チームは次のステップとして、同様の機械学習技術を使い、Mini Cheetahに周囲の物体を動かす方法を学習させる計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]