E・マスク氏、ジャック・ドーシー氏に召喚状--Twitter買収撤回めぐる訴訟で

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年08月23日 10時46分

 440億ドル(約6兆円)での買収合意を撤回したElon Musk氏をTwitterが提訴した訴訟で、買収の履行を求められる可能性があるMusk氏の弁護団は、Twitterの前最高経営責任者(CEO)であるJack Dorsey氏に資料提出を求める召喚状を米国時間8月22日付で提出した。

Elon Musk氏
Elon Musk氏
提供:James Martin/CNET

 この召喚状は、注目を集めるMusk氏とTwitterとの法的闘争における新たな展開だ。Musk氏は、自動車メーカーTeslaとロケット企業SpaceXのCEOを務めている。TwitterもMusk氏も、10月に5日間で開かれる予定の審理に先立ち、召喚状を送付している。

 Musk氏の弁護団は、Twitterが誤解を招く情報を提供し、同氏に「水増し価格」で同社を買収させようとしたという同氏の主張を裏付ける証拠を収集しようとしている。Musk氏は、Twitterのスパムアカウントや偽アカウントの数が同社の公表値よりも多く、それが同プラットフォームの広告販売を妨げる可能性があると主張している。Twitterは、2億2000万人を超えるデイリーユーザーのうち、スパムアカウントや偽アカウントは5%未満であるとしつつ、この数値は推定で、「正確ではない」可能性があるとも述べている

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]