Twitter、買収撤回したマスク氏を提訴--契約履行を要求

Queenie Wong Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2022年07月13日 10時04分

 Twitterは米国時間7月12日、440億ドル(約6兆円)での買収完了を求めてElon Musk氏を提訴した。こうして口火が切られた法廷闘争は、長期に及ぶ厄介な戦いになる可能性が高い。

Elon Musk氏
提供:Dimitrios Kambouris/Getty Images

 Twitterはデラウェア州の衡平法裁判所に提出した訴状で、次のように主張している。「Musk氏は2022年4月、Twitterと拘束力のある買収契約を締結し、取り引きを成立させるために最善を尽くすことを約束した。それが3カ月も経たないうちに、Twitterとその株主に対する義務を果たすことを拒否している。なぜなら、自ら署名した契約が同氏の個人的な利益に見合わなくなったからだ」

 Musk氏は8日、Twitter宛ての書簡の中で買収を撤回することを明らかにした。その際、Twitterは買収契約の履行に向けて法的措置を取る計画だとしていた。

 Musk氏は、Twitterがスパムアカウント数の推定方法に関する詳しい情報を開示しないことで契約に違反したと主張していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]