「Windows 11」最新プレビュー、「PC Game Pass」ウィジェットをテスト中

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年08月05日 10時56分

 Microsoftは、コンピューターゲームのサブスクリプションサービス「PC Game Pass」がPCでユーザーの目を引くようにするため、「Windows 11」の最新プレビュー版で同サービスの新しいウィジェットをテストしている。

PCでゲームをする人

 新しいPC Game Passウィジェットは、「Windows 11 Insider Preview」のDevチャネル向けビルド「Build 25174」に搭載され、Windows 11のウィジェットパネルでXbox向けゲームへのショートカットを提供する。

 「このウィジェットは、膨大なPC Game Passライブラリーを知るための窓だ。追加された最新ゲーム、まもなく期限終了となるゲーム、おすすめカテゴリーのゲームを表示する。ユーザーはこのウィジェットから『Xbox』アプリにアクセスし、それらのゲームをインストールしたり、レビューを見たり、プレイしたりできる」とMicrosoftは述べた。

PC Game Passウィジェット
提供:Microsoft

 「Windows 10」およびWindows 11向けPC Game Passは、Xbox本体向け「Xbox Game Pass」のWindows版で、ダウンロード可能なゲームのカタログを月額9.99ドル(日本では850円)で提供する。Microsoftは、Googleがゲームサブスクリプションサービス「Stadia」の提供を開始するよりも早く、2019年にPC Game Passをリリースした。マルチプラットフォーム型サブスクリプション「Xbox Game Pass Ultimate」は、月額14.99ドル(日本では1100円)で、Xboxやブラウザー、「iOS」および「Android」デバイス、さらに6月からはサムスンのスマートテレビでプレイできるようになった、質の高いゲームを提供する。

 Microsoftは、Xboxプロフィールにサインインして最近プレイしたゲームにアクセスできる機能や、パーソナライズされたレコメンデーション機能にも取り組んでいる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]