旅行はこれで完璧?グーグルの便利機能8選

Clifford Colby (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年07月01日 07時30分

 いよいよ夏本番。旅行シーズンがやって来た。旅行の計画を立てるなら、ぜひ使いたいのが「Googleマップ」と「Googleフライト」だ。

Googleマップのロゴを表示したスマートフォン
提供:Angela Lang/CNET

 すでに出発日が決まっていて、なるべく安いフライトを見つけたい時はGoogleフライトが役に立つ。さらにGoogleマップがあれば、初めて行く空港でもカフェやレストランを簡単に見つけられるはずだ。

 今回はGoogleの機能を使って、快適に旅を楽しむ方法を紹介する。

指定した日の航空券価格をチェック

 5月2日、Googleは指定した目的地へのフライトの最安値を検索できる新機能を発表した。出発予定日を指定しておけば、航空券価格の変動も追跡できる。3〜6カ月以内に通常の価格より安い航空券が出ると、Googleがメールで知らせてくれる。

 ブラウザーを開いてGoogleフライトにアクセスし、目的地を入力するだけでいい。出発日が決まっていないなら、「日付指定なし」を選んで航空券が安い時期を見つけることもできる。

空港、ショッピングモール、ハブ駅を案内

 巨大なショッピングモールでもすばやく店を見つけられるように、Googleマップはすべての空港、ショッピングモール、ハブ駅に「ディレクトリ」タブを追加する取組みを進めている。この機能は次のフライトまでの短い時間に空港内で食事をしたり、お土産を買ったりしなければならない時に重宝するはずだ。店の営業時間やどの階にあるかはもちろん、近くのレストラン、ストア、ラウンジ、駐車場なども調べられる。

Googleマップで混雑状況を確認

 Googleマップの混雑状況確認ツールに新機能が追加された。これまでも店などを検索すると混雑状況のグラフがリアルタイムで表示されていたが、マップ上に表示されているエリア全体の混雑時間帯を教えてくれる「Area Busyness(エリアビジーネス)」機能が追加された。

 Googleマップのロゴを表示したスマートフォン
提供:Angela Lang/CNET

 使い方は、まず「Android」端末か「iPhone」(またはPCのブラウザー)でGoogleマップのアプリを開き、繁華街や川沿いの遊歩道、独特の町並みで知られる界隈など、ひとつのエリアとして認識されている場所を見つける。すると、Googleマップ上にそのエリアの混雑状況を示す情報が自動で表示される。つまり、特定の場所をピンポイントで指定しなくても、エリア全体の混雑状況を確認できるというわけだ。Googleマップ上では「混雑エリア」などと表示され、クリックして詳細を確認すると「通常通りの混雑」などの表示が出る。

Googleマップで旅程を確認

 Googleマップは旅程を作成してくれるが、手配済みのフライトやホテル、レンタカー、レストランに関する情報もすばやく表示してくれるので、チェックイン時間や確認番号を見つけるために過去のメールを探し回る手間がない。

予約状況の確認方法

  1. Googleマップを開き、画面下部のメニューから「保存済み」をタップする。
  2. 「予約」をタップすると、「Gmail」のメールから取得された予約のリストが表示される。
  3. 確認したい予約を選択すると、日付や場所などの詳細が表示される。
  4. Googleマップの検索ボックスで「予約」と検索して、予約の一覧を表示することもできる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]