旅行はこれで完璧?グーグルの便利機能8選 - (page 2)

Clifford Colby (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年07月01日 07時30分

Googleマップ上でレストランを予約

 大人数のディナーを手配するのは一仕事だ。混雑する時間帯となれば、なおさらだが、Googleマップはランチやディナーの予約にも使える。具体的なやり方を紹介しよう。

  1. Googleマップ上で上部の「レストラン」のボタンをタップすると、候補となる店が表示される。
  2. 良さそうなレストランを選ぶ。ポップアップ表示されるウィンドウで予約するか、順番待ちをするかを選択する(店によっては選択肢が出ない場合もある)。

 前述したビジーネス機能を使えば、空いている店を選ぶことも可能だ。また、店内の席は利用できなくても、デリバリーやピックアップ、テラス席の利用は可能な場合がある。

Googleマップをオフラインで使用

 モバイルネットワークが使えない遠隔地に行く場合も心配はいらない。Googleマップはオフラインでも道案内をしてくれる。

 Googleマップのロゴを表示したスマートフォン
提供:Angela Lang/CNET
  1. 出発前に、Googleマップ上で道案内が必要な場所を検索する。
  2. 目的地を選び、下部のメニューを表示する。
  3. タブを右にスクロールして「ダウンロード」をタップし、次のウィンドウでもう一度「ダウンロード」をタップする。選択したエリアの地図がスマートフォンにダウンロードされる。

 その後、地図をダウンロードしたエリアを訪れ、Googleマップの案内に従っている最中にネットワークの接続が切れたとしても、Googleマップはオフラインでの地図に切り替えて案内を続けてくれる。ただし、オフラインなので、リアルタイムの交通情報は入手できない。

どこからでもEV充電スポットやガソリンスタンドを検索

 電気自動車(EV)で買い物やディナー、旅行に出かけるなら、Googleマップを使って近くのEV用充電ステーションを見つけよう。充電ポートのおおよその待ち時間も教えてくれる。検索結果をJ1772、CCS(コンボ1、2)、Teslaといった充電方式で絞り込み、自分のEVに対応したステーションだけを表示することも可能だ。ちなみにガソリンスタンドも同様の手順で検索できる。

  1. Googleマップで画面上部のタブをスクロールし、「もっと見る」をタップ。
  2. 「サービス」のセクションまで下にスクロールし、「電気自動車の充電」を選択。
  3. 近くの充電ステーションと台数が表示される。
  4. 表示された充電ステーションのどれかをタップし、旅行中の立ち寄り先として追加してもいい。

 同じ方法でカフェなどを検索し、立ち寄り先として登録することも可能だ。

Googleマップで居場所を共有

 複数人で行動している時に困ることと言えば、はぐれてお互いの居場所が分からなくなってしまうことだ。しかし、Googleマップがあれば、仲間と再会できる。

  1. Googleマップで右上のプロフィールアイコンをタップし、「現在地の共有」を選択する。
  2. 「現在地を共有」をタップし、位置情報を共有する相手と時間を選択する。
  3. 「共有」をタップすると、選択した相手に自分の位置情報が送信される。
  4. 他の人の位置情報を見たい場合は、画面上部にある相手のアイコンをタップし、「リクエスト」をタップする。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]