マイクロソフト、「Edge」に複数のゲーム機能を追加

Mary Jo Foley (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2022年06月24日 09時38分

 Microsoftは、「Edge」をゲームに最適なブラウザーとして推進しようとしている。同社は米国時間6月23日、Edgeにゲーム重視の複数の機能を追加した。

 Microsoftは、ゲームの発見とプレイを目的としたそれらの機能を、6月上旬のブリーフィング「What's Next for Gaming」で先行披露していた。

 23日に追加された新機能は、以下の通り。

  • ゲーム用のホームページには、今後リリースされるゲームや新しくリリースされたゲームに関するニュースやライブ配信などが、ユーザー毎にパーソナライズされて表示される。Microsoftアカウントにサインインしている場合は、パーソナライズされた「Xbox」コンテンツが表示され、「Xbox Cloud Gaming」のライブラリーにこのページからアクセスできる。
  • 新しい「Games」メニューでは、無料でプレイできるカジュアルゲームやアーケードゲームが提供されるほか、ワンクリックで「Microsoft Solitaire」やその他のEdge専用ゲームにアクセスできる。
  • 新しい「Games」メニュー
    新しい「Games」メニュー
    提供:Microsoft
  • 「Clarity Boost」は、「Windows 10」または「Windows 11」のEdgeでゲームする時に、より鮮明なグラフィックスを実現するもの。Xbox Cloud Gamingにおけるコンソールゲームのビジュアル体験を改善する。
  • 「Efficiency」モードの新しい設定は、Windows 10/11でゲームを起動する際に使われるEdgeのリソースを低減する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]