マイクロソフト、「Teams」にカジュアルゲーム導入を検討か

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年06月17日 11時58分

 Microsoftは、会議およびコラボレーションのプラットフォーム「Microsoft Teams」に、「Solitaire(ソリティア)」など「Microsoftカジュアルゲーム」シリーズのゲームを導入しようとしている可能性がある。

オンライン会議をする人
提供:Getty

 多くの「Office」ユーザーにとって、Teamsはビデオ会議やチャット用の重要なアプリになっているが、カジュアルゲームがTeamsに統合されれば、暇な時間を人と関わり合いながら過ごす新たな選択肢となる可能性がある。

 Microsoftはこの2年間、「Together」モードや背景シーン、エコーキャンセル、会話への割り込み防止機能、バックグラウンドノイズの抑制、音楽検知など、真面目なグループ会議機能を数多く強化してきた。次に来るのが、Teamsでゲームができるようにしようというアイデアだ。

 The Vergeの情報筋によると、Microsoftは、昔からあるカジュアルゲームシリーズのゲームのテストをTeamsで開始したという。カジュアルゲームは、その多くが以前にWindows版でリリースされ、Solitaireのほか、「Minesweeper(マインスイーパ)」「Sudoku」「Treasure Hunt」「Wordament」などがある。

 従業員はハイブリッド勤務に適応し、雇用主は従業員がオフィスの再開に不満を抱かないようにしたい。そのような中でTeamsにカジュアルゲームを導入するのは、Microsoftが職場におけるソーシャル体験を向上させられる1つの方法だ。

 MicrosoftがTeams向けにテスト中のゲームは、Microsoftカジュアルゲームだけなので、「Xbox」向けのゲームやActivision Blizzardのゲームを期待してはいけない。

 同社がTeamsへのカジュアルゲーム搭載を検討しているとすれば、メタバース計画の一環である可能性もある。実現すれば、メタバースは同僚同士がカジュアルゲームで遊びながら人脈を構築して交流する仮想空間になるだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]