「iOS 16」でロック画面が大幅刷新--ユーザビリティーの核となるか

Lisa Eadicicco (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2022年06月10日 07時30分

 皆さんは、1日に何回、自分の「iPhone」をチェックしているだろうか。手に取ったとき、まず何が見えるかを思い出してほしい。そう、ロック画面だ。現在のiPhoneのメインのロック画面は、時刻と通知を表示し、カメラと懐中電灯に素早くアクセスできるだけである。

iOS 16
iOS 16で、待望のiPhoneのロック画面のアップグレードが実施される。
提供:James Martin/CNET

 だが、Appleが米国時間6月6日に「Worldwide Developer Conference」(WWDC)で発表した「iOS 16」で、その状況が変わろうとしている。iOS 16は、うわさの「iPhone 14」とともに2022年秋に登場する見通しで、新しいウィジェットのほかにも、ロック画面をパーソナライズできるオプションも追加される予定だ。ようやくといった感じである。

 率直に言って、現行のロック画面は時代遅れな感じがする。この数年間、「Apple Watch」を日常的に着用し、手首をちらっと見るだけで、天気や次の予定、アクティビティーの目標といった情報を確認できる便利さを実感した。iPhoneのロック画面も、同じように便利であるべきだ。むしろ、AppleがApple Watchで得たこれらの教訓をiPhoneに適用するのにこれほど長い時間がかかったことに、筆者は驚いている。

 より多くの情報をロック画面に表示することは、必要であり、必然だ。iPhoneは徐々に、スマートウォッチやワイヤレスイヤホン、コネクテッドホームガジェットなど、私たちの生活の他のさまざまなガジェットのリモコンになりつつある。そうしたガジェットの使いやすさと利便性を維持するうえで、ロック画面が重要な鍵になるかもしれない。

iOS 16の新しいロック画面は待望の刷新

 2022年秋にiOS 16がリリースされたら、ロック画面は、さまざまな情報を一目で確認できるApple Watch風のウィジェットをサポートするようになる。例えば、天気、アクティビティーの進捗状況、バッテリー残量、アラーム、現在のエクササイズ、スポーツのスコアなどのデータポイントを、スマートフォンのロックを解除せずに確認できるようになる。

iPhoenの新しいロック画面
新しいロック画面の一例。
提供:Apple/Screenshot by CNET

 iOS 16で改善されるのは、ロック画面の実用性だけではない。背景写真も大幅にアップグレードされる。新しいロック画面では、前景の被写体を分離して、「ポートレート」モードの写真のようなボケ効果を背景に適用できるようになる。画像の被写体の後ろに日付と時刻を重ねて、ロック画面の写真を雑誌の表紙のような見た目にすることも可能だ。また、色やフォントなどの要素もカスタマイズできる。

 しかし、筆者がiOS 16で最も楽しみにしているのは、ウィジェットだ。誤解のないように言っておくと、今でも、iPhoneのロック画面からウィジェットにアクセスすることはできる。ただし、それらを表示するには、右にスワイプしなければならない。iOS 16の新しいウィジェットは、Apple Watchのアイコンによく似た外観で、ホーム画面に直接表示される。

 より多くの情報を一目で確認できるので、スクリーンタイムを減らしやすくなる。スマートフォンのロックを解除せずに確認できる情報が増えるほど、受信トレイやTwitter、Instagram、TikTokに没頭してしまう可能性は低くなる。これと同じ理由で、筆者は、Appleが常時オンのディスプレイをiPhoneに搭載してくれることを望んでいる。その機能はWWDCで発表されなかったが、ウィジェットのサポートが強化された新しいロック画面は、その立派な代替機能であるように思える。

ライブアクティビティ
iOS 16で登場する「ライブアクティビティ」と呼ばれるタイプのロック画面。ロック画面上から、ワークアウト、スポーツイベント、またはUberの進行状況をリアルタイムで表示できる。
提供:Apple

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]