「iOS 16」発表、「iPhone」のロック画面を大幅刷新

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年06月07日 08時36分

 「iPhone」のロック画面は、自分のスマートフォンの見た目をパーソナライズして個性を発揮できるはずの部分なのに、カスタマイズの選択肢が少し限られていると感じたことはないだろうか。その問題が解消されることになる。

 Appleは米国時間6月6日、Worldwide Developers Conference(WWDC)22の基調講演で、次期モバイルOS「iOS 16」によって、「iPhone」のロック画面に過去最大のアップデートを加えることを発表した。

 「新しいロック画面は、紛れもなくiPhoneでありながらも、かつてないほどパーソナルで美しくて便利にするための新しい手段を提供する」と、ソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏は発表の際に述べた。

Craig Federighi氏
Craig Federighi氏
提供:Apple/Screenshot by Katie Collins/CNET

 10日まで開催されるWWDCは、まず2022年内のソフトウェアアップデートで期待できる変更内容を、Appleユーザーに伝えることから始まった。

 新しいロック画面の機能は、デバイスを手にしたときに、すぐに便利に使えて見た目も美しくすることを目指すものだ。インターフェースをカスタマイズするための新機能は、「Apple Watch」で既に提供されているものに似ている。写真の中の被写体は、新しいマルチレイヤーエフェクトによって時間の手前に配置される。

 1つの画像に絞れない場合は、ロック画面の画像を簡単に切り替えることのできる壁紙のギャラリーを作成できる。それらの画像を、異なる時間間隔で1日中シャッフルするように設定することもできる。

ロック画面
提供:Apple/GIF by Katie Collins/CNET

 ロック画面は、簡単に変更できる。長押しによってテストとカスタマイズが可能で、スワイプ操作でさまざまな色、フィルター、フォント、時計のオプションを切り替えられる。また、音楽を聴く時にロック画面に占めるアルバムアートの面積が、これまでの標準よりも大きくなるという。

 ロック画面にウィジェットを追加することも可能になり、天気やカレンダーの予定などの情報を一目で簡単に確認できるようになる。通知は背景画像を隠さないように、画面下部から表示される。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]