eスポーツ大会開催PF「GameTector」、主催者へ応援チップを送ることができる機能を提供

佐藤和也 (編集部)2022年04月14日 18時53分

 ゲームテクターは4月14日、同社が提供しているeスポーツ大会開催プラットフォーム「GameTector」について、参加者が大会をレビューし、応援チップを任意で送ることができる「主催者応援機能」のベータ版を提供開始した。

 GameTectorはゲーム大会開催プラットフォームとして展開しており、大会の作成・エントリー・対戦表の作成といったeスポーツ大会運営業務をワンストップで行うことができ、スムーズなeスポーツ大会の開催を実現している点を特徴としている。

 主催者応援機能では、ネットプロテクションズが提供するポストプライシングサービス「あと値決め」との機能連携によるもの。大会主催者の運営サポートを通して、国内eスポーツ市場の成長とエコシステムの発展に寄与することを目的としており、今夏めどでの正式リリースを目指す。

 主催者は、大会作成時にワンタップで本機能を設定可能。選手は、大会終了後にメールアドレスまたはSMSで送られてくるフォーム上で項目に回答するだけで、レビューと応援チップ(任意にて0円から設定可能)の登録ができる。大会終了後に応援チップの値決めを行うため、主催者と選手ともに納得感のあるものになっているという。なお同社によれば、本機能は一大会完結型となり、賭博に該当しない仕組みになっているという。また、ベータ版では、一部の実績のある主催者と主催者からのリクエスト形式で運営。主催者と選手の双方が安心して適正なやりとりができるよう、機能提供を行っていくとしている。

主催者応援機能について
主催者応援機能について
利用方法の流れ
利用方法の流れ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]