イトーキ、NTT Com、ドコモ、働く場所が異なる社員同士の雑談を生み出す実証実験

 イトーキ、NTTコミュ二ケーションズ(NTT Com)、NTTドコモは4月12日、ニューノーマル時代のハイブリッドワークにおけるコミュニケーション課題の解決に向けた検証に取り組むと発表した。働く場所が異なる社員同士の雑談を生み出し、社内コミュニケーションを活性化する実証実験を6月30日まで実施する。


 同実験では、イトーキが実験用に什器を開発し、カフェやラウンジのような場所に常時オンラインワークスペースを設置。これに、NTT Comが提供する「NeWork」とNTTドコモが提供する「ビジネスdアカウント」を組み合わせたコミュニケーションサービス「office surf」を提供することで、新たなログイン情報の登録やウェブ会議設定の手間もなく、会話できる空間を実現した。

 オフィスワークにおいては、休憩時やちょっとした隙間時間に常時オンラインワークスペースに足を運ぶだけで、気軽にバーチャルオフィスにいる人と会話できるようになる。また、リモートワークにおいても、あたかもオフィスにいるかのようにオンライン上で気軽に会話・相談できるという。


 3社では、ハイブリットワークに焦点を当てたバーチャルとリアルを融合させたオフィスづくりを通じて、社員同士のコミュニケーションの活性化、ストレスの軽減状況などをさまざまな指標から検証する。

 さらに、office surfの商用化を見据えた取り組みを展開することで、今後のニューノーマルな働き方にあった円滑なコミュニケーションの実現を目指し、快適な働く環境づくりに取り組んでいく。また、ビジネスdアカウントが持つ会員基盤においても、office surfの利用促進を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]