サムスン「Galaxy Tab S8」レビュー--仕事にも娯楽にも最適、ノートPCの代役にも - (page 2)

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2022年03月22日 07時30分

外付けキーボード「Book Cover Keyboard」

 「Book Cover Keyboard Slim」は別売りで、価格は139.99ドル(約1万6700円)だ。大型のBook Cover Keyboardとは異なり、このスリムキーボードにはトラックパッドがなく、主にテキスト入力を想定している。タブレットは1つの角度にしか固定できない。タブレットの背面を磁石でケースに固定してから、本体下部をキーボードコネクターに接続すると、本体を支えてくれるようになる。

Book Cover Keyboardを装着したGalaxy Tab S8
提供:Matthew Miller/ZDNet

 このキーボードにバックライトはないが、キーは大きく、間隔や移動距離も十分だ。DeXモードのオンとオフを素早く切り替えるためのファンクションキーもある。これはサムスンのタブレットにとって重要な機能だ。「Fn」+「1」を押すと、Book Cover Keyboard SlimとGalaxy Tab S8の併用で利用できるキーボードショートカットのリストが表示される。残念ながら、輝度や音量などを調整するショートカットはない。これらのショートカットは利便性を高めるため、他のキーボードでは採用されていることが多い。こうした機能を補填するため、カスタムショートカットを作成できるようにするべきだろう。

 キーは5列配列で、一番上は数字/ファンクションキーの列になっている。タブレットの幅(横向きの場合)が十分にあるので、快適なタイピングが可能だ。

 タブレットの端は保護されていない。Sペン用の開口部が背面にあるが、移動中はキーボードカバーのヒンジ部分のマグネットにSペンを固定しておける。ただし、その状態でBluetooth操作用にSペンを充電することはできない。Book Cover Keyboard Slimは、セットの一部として受け取るのなら良いかもしれないが、139.99ドル払って買うことはお奨めしない。外出先での作業に使うのなら、フルサイズのBook Cover Keyboardを選んだ方がいいだろう。

Galaxy Tab S8背面
提供:Matthew Miller/ZDNet

ソフトウェア

 Galaxy Tab S8は、「Android 12」と「One UI 4.1」を搭載するので、最新かつ最高のソフトウェアを最初から使用できる。Samsung DeXも改善されたため、DeXモードに切り替えれば、ノートPCの代替品を手に持って使うことができる。

 タブレットでのAndroidの使用感について、不安に思っている人も多いようだ。問題のあるアプリはまだいくつかあるが(例えば、Instagramは全画面で縦向きにしか表示されない)、サムスンはタブレット体験の最適化に懸命に取り組んでおり、その体験は一部の人が言うほどひどいものではない。サムスンのすべてのアプリはタブレットで非常にうまく機能し、その多くは生産性を高める分割画面ビューで表示できるように最適化されている。Googleも「Gmail」や「Googleマップ」など、一部のアプリをタブレットディスプレイ向けに最適化している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]