「iOS 15.4」リリース、マスクしたまま「iPhone」ロック解除可能に--設定方法は?

Nelson Aguilar Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年03月15日 09時20分

 Appleの「iPhone」に搭載されるソフトウェアの最新アップデート「iOS 15.4」がリリースされた。最も大きな新機能の1つは、「iPhone 12」以降でマスクを着用したまま「Face ID」でロックを解除できることだ。マスクをしてiPhoneのロック解除や「Apple Pay」の利用を試みたことがある人は、ほぼ不可能だということを知っているだろう。パスコードを手で入力するか、マスクをあごまでずらさなければならない。しかし、そのような日々とはもうお別れだ。

iPhone
提供:Patrick Holland/CNET

 iOS 15.4を搭載するiPhone 12以降で、「設定」から簡単に有効化できる。この機能は、マスクをしたままでもユーザーの目の周りの特徴に基づいて認証を行う。

マスクを着用していてもFace IDを使えるようにする設定

 この新機能はiOS 15.4のみで提供されている。「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」で利用可能だ。アップデートすると、「マスク着用時にFace IDを使用する」オプションが、ようこそ画面に表示されるが、以下の手順でこの新機能を有効化することも可能だ。

  1. iPhoneで設定アプリを開く。
  2. 「Face IDとパスコード」をタップし、パスコードを入力する。
  3. 「マスク着用時 Face ID」を有効にする。
  4. 確認メッセージが表示されれば、「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップする。
  5. マスクを外して、Face IDを設定する。
If you go into your Face ID & Passcode settings on iOS 15.4, you can set up Face ID to work with a mask on.
提供:Nelson Aguilar/CNET

 マスク着用中に「Apple Watch」でiPhoneのロックを解除することもできる。

Face ID
提供:GIF by Jason Cipriani/CNET
How to use your Apple Watch to unlock your iPhone
提供:Screenshots by Jason Cipriani/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]