オンライン決済のStripe、仮想通貨決済のサポートを再開

Aimee Chanthadavong  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2022年03月14日 10時05分

 オンライン決済を手掛けるStripeが、仮想通貨による決済のサポートを再開した。

Stripe
提供:Shutterstock

 「Stripeは今後、仮想通貨ビジネスをサポートし、取引所、オンランプ(仮想通貨から法定通貨への交換)、ウォレット、NFTマーケットプレイスに対応する。預け入れだけでなく、支払い、KYC(本人確認)、身分証明、詐欺防止などを幅広くサポートする」と、共同創業者のJohn Collison氏はツイートした。

 Stripeのサポートページには、各国の135種類以上の通貨に対応していると書かれている。

 Stripeは、2018年にビットコインでの決済受付を終了することを決定したが、これを撤回する格好だ。Stripeは当時、サポート停止を決めた理由として、ビットコインの変動性の高さ、取引にかかる時間の長さ、上昇し続ける手数料を挙げていた。

 決済プラットフォームをめぐる別の動きとして、Visaは、オープンバンキングプラットフォームを手掛けるTinkの買収を完了した。

 この買収により、Visaは今後、TinkのAPI技術を利用して、顧客のオープンバンキング導入をサポートする。Tinkは現在、銀行をはじめとする金融機関3400以上と提携している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]