Facebook、ロシア国営メディアの広告配信を禁止--Twitterも対応発表

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年02月28日 11時32分

 Meta PlatformsとTwitterは米国時間2月25日、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、それぞれのプラットフォームにおける広告に関する対応方針を表明した。翌26日には、Google傘下のYouTubeが独自の対応として、ロシア国営メディアのRTをはじめとするロシア系のチャンネルが広告収入を得られないようにしたと報じられている。

スマートフォンをチェックする男性
24日、ウクライナの首都キエフで地下鉄の駅に避難し、情報を求めてスマートフォンをチェックする男性
提供:Daniel Leal/Getty Images

 Facebookを運営するMetaのセキュリティポリシー責任者Nathaniel Gleicher氏は25日のツイートで、「われわれは、ロシアの国営メディアが当社のプラットフォームで広告を配信したりマネタイズしたりすることを世界中で禁止する。また、ロシアの他の国営メディアに対しても引き続き(ファクトチェックの)ラベルを適用していく」と述べた。

 「Twitter Safety」のアカウント(@TwitterSafety)は、Twitterが「ウクライナとロシアでの広告配信を一時的に停止することで、公共の安全に関する重要な情報が周知され、広告によって阻害されることのないようにする」とツイートした。

 Twitterは26日、「われわれはロシアで一部の人々がTwitterの利用を制限されていることを認識しており、当社のサービスを安全かつアクセスしやすい状態に保つよう取り組んでいる」と、サポートアカウント(@TwitterSupport)を通じてツイートした。

 MetaのGleicher氏はウクライナ危機を受け、「リアルタイムで対応するための『Special Operations Center』(特別作戦センター)」を設置したほか、ウクライナの人々が自分のアカウントをワンクリックですぐにロックできるツールを公開したとツイートした。「プロフィールをロックすると、友達でない人はプロフィール写真をダウンロードまたは共有したり、タイムライン上の投稿を見たりできなくなる」(同氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]