「Windows 11」新テストビルド、タブレットに最適化されたタスクバー追加

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年02月25日 11時41分

 Microsoftは、「Windows 11」の最新の「Dev」チャネル向けテストビルドで、タブレットやタッチ操作に最適化された機能を追加している。米国時間2月24日にリリースされた「Build 22563」には、タブレットに最適化されたタスクバーのほか、より動的なウィジェットのコンテンツ、教育分野のIT管理者を想定した新しいグループポリシーなどの修正やアップデートが含まれる。

Windows 11
提供:Microsoft

 タブレットに最適化された新しいタスクバーには、重要なステータスアイコンのみを表示する折りたたみモードと、タッチ操作がしやすい展開モードの2つのオプションがある。新しいタスクバーが利用できるのは、タブレット(2in1を含む)として利用できるデバイスのみで、ノートPCやデスクトップPCでは使えない。Microsoftは、この機能を「Windows Insider」プログラムで段階的にリリースしているため、Devチャネルのテスターの中にはまだ利用できない人がいるかもしれない。

 また、教育分野のIT管理者向けに新しいポリシーが導入されている。授業日に、「Windows Update」の通知をすべてオフにし、生徒の気が散らないようにすることができる。このほか、ウィジェットとニュースフィードをまとめた融合型のフィードで、ウィジェットのコンテンツがより動的になっている。Microsoftのブログによると、この機能も段階的にリリースされており、まだすべてのユーザーに提供されているわけではない。

 このビルドのフィックスや既知の問題についてもInsiderブログに書かれている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]