米アマゾン、偽レビュー業者2社を提訴

Antonio Ruiz Camacho (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2022年02月24日 11時54分

 Amazonは米国時間2月22日、誤解を招く製品レビューのまん延を防止する最新の取り組みとして、2社を提訴したと発表した。2社はいわゆる「偽レビューの仲介業者」で、Amazon、eBay、Walmart、Etsyなどのオンラインストアで偽レビューの投稿を促し、消費者を欺こうとした疑いが持たれている。

Amazon

 Amazonによれば、偽レビュー業者のAppSallyとRebatestを詳しく調査したところ、偽レビューの作成に応じる要員を両社合わせて90万人以上を擁していることが分かったことから今回の措置に踏み切った。

 Amazonのワールドワイドコンシューマートラストおよびパートナーサポート担当バイスプレジデントDharmesh Mehta氏は、「偽レビュー業者は、何も知らない消費者をだまし、当社の販売パートナーに損害をもたらす不公正な競争上の優位性を生み出すことで、利益を得ようとしている」と述べた。

 Amazonは機械学習のテクノロジーと専門の調査員を組み合わせ、誤解を招くレビューを特定し、サイトから削除している。

 米CNETの取材に対し、AppSallyとRebatestはコメントしていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]