Pocket Change、日本円硬貨の取扱を終了へ--両替有料化による投入増受け

西中悠基 (編集部)2022年02月09日 13時54分

 ポケットチェンジは2月9日、外貨の電子マネー交換サービス「Pocket Change」にて、日本円硬貨の取扱を終了すると発表した。

「Pocket Change」の両替マシン
「Pocket Change」の両替マシン

 Pocket Changeは、小銭を含めた外貨を機械に投入すると、Amazonギフト券やSuicaなどの電子マネーに交換できるサービス。空港や駅などに設置しており、海外旅行時に余った小銭の両替に対応。また、訪日外国人旅行者向けや、硬貨による電子マネーのチャージ手段として、日本円硬貨の投入にも対応してきた。

 しかしながら、昨今の金融機関における日本円硬貨両替の有料化により、日本円硬貨の投入が急増。大量投入による障害が多発したことにより、同社では1月27日から長期メンテナンスとしてサービスを休止していた。

 同社では、2月9日10時30分より、順次サービス提供を再開。あわせて、サービスを維持し続けていく上で日本円硬貨の取扱量が継続困難な水準に達したことから、日本円硬貨の取扱終了に踏み切ったとしている。なお、日本円紙幣については、引き続き利用が可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]