アップル、「iPhone」を決済端末として使える「Tap to Pay」を米国で提供へ

Antonio Ruiz Camacho (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年02月09日 07時51分

 Appleは米国時間2月8日、「iPhone」を使ってこれまでより簡単に非接触型決済を利用できるようにすると発表した。2022年中に米国で非接触型決済機能「Tap to Pay」を提供開始し、追加の決済端末を用意しなくても支払いを受けられるようにする。

Tap to Pay
提供:Apple

 同社によると、Tap to Payにより、小売店は「iPhoneにタップしてもらうだけで、『Apple Pay』、非接触型のクレジットカードおよびデビットカード、その他のデジタルウォレットによる支払いを、円滑かつ安全に受けられる」ようになる。決済プラットフォームやアプリ開発者も、この決済機能をそれぞれの「iOS」アプリに統合できるようになるという。

 オンライン決済サービスを提供するStripeが、 法人顧客に同機能を提供する最初の決済プラットフォームとなり、「Shopify Point of Sale」アプリを2022年春に対応させる予定だ。米国のApple Storeでも、2022年内にこの機能が利用できるようになる。Tap to Payは、American Express、Discover、Mastercard、Visaなど、主要な決済ネットワークが提供する非接触型のクレジットカードおよびデビットカードに対応する。

 Tap to Payは、「iPhone XS」以降の端末で、対応するiOSアプリを通して利用できる。買い物客は自分のiPhoneや「Apple Watch」を店舗のiPhoneにかざすだけで、Apple Pay、非接触型のクレジットカードまたはデビットカード、または、その他任意のデジタルウォレットによる支払いが、NFC技術を使って安全に完了する。その他のハードウェア端末は不要だ。

 新型コロナウイルスのパンデミックが続き、新規参入企業によって非接触型決済の普及が加速する中、Appleは今回の発表によって、より多くのiPhoneユーザーによるApple Payの利用促進に向けた、決定的な一歩を踏み出したことになる。同社によると、米国小売業者の90%が既にApple Payに対応しているということだが、PTMNTSが2021年9月に実施した調査では、iPhoneでApple Payをアクティベート済みのユーザーのうち、それを店舗での支払いに利用している人はわずか6%であることが明らかになっていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]